石狩湾新港地域のあゆみ

石狩湾新港地域は、札幌圏を中心とする生産物流の増大、都市型工業の発展や北方圏との経済交流に対応するため新たな港湾を建設し、これを核とした生産物流拠点の形成を図ることを目的に1970年に閣議決定された「第3期北海道総合計画」において位置づけられた北海道の主要開発プロジェクトで、国・北海道・小樽市・石狩市と第3セクターである石狩開発(株)が一体となり進めています。

西暦年次
事項
1871年~1910年明治年間
ファンゲント、C・Sメーク、岡崎文吉、広井勇らにより、石狩湾に新たな港湾を建設するという構想が
立てられる。
1964年昭和 39年
石狩開発(株)設立
1965年40年
石狩工業団地(新港南1丁目)造成開始
1970年45年
「第3期北海道総合開発計画」が閣議決定され新港地域の開発が決定
1972年47年
石狩開発(株)が第3セクターとして組織変更。「石狩湾新港地域開発基本計画」が決定
1973年48年
港湾工事に着手
1978年53年
工業用地分譲開始
1982年57年
東埠頭供用開始 第一船入港
1994年平成 6年
関税法の指定を受け国際港湾として開港
1997年9年
韓国釜山港との間で外貿コンテナ航路開設
1999年11年
植物防疫法に基づく植物防疫港に指定
2000年12年
家畜伝染病予防法に基づく動物検疫港に指定
2006年18年
西埠頭(水深14m岸壁)供用開始
2012年24年
北海道ガス(株)石狩LNG基地稼働開始、LNG船第一船入港
2015年27年
北海道電力(株)石狩湾新港発電所1号機工事着手(2019年2月営業運転開始)