石狩湾新港地域とは

札幌圏最大の工業流通団地
「石狩湾新港地域」

< 石狩湾新港地域全体図 >

石狩湾新港地域は、札幌の海の玄関口となる国際貿易港「石狩湾新港」を核とする総面積3,000ha
を擁する工業流通団地で、1978年の用地分譲開始以来、機械・金属・食品などの製造業、卸売・
倉庫・運送等の流通業やサービス業など多種多様な分野の企業が進出しており、現在進出企業数
約700社、就労者数約15,000人を超える北海道を代表する産業拠点へと発展を遂げています。
特に営業冷蔵倉庫の庫腹量は道内全体の約1/4を占め、北海道最大の低温物流機能を有してい
ます。
また、食料品などの生活物資を24時間体制で供給しており、道央圏をはじめ広く道民の食と生活
を支える重要な物流ネットワークの拠点となっています。
近年では北海道ガス(株)石狩LNG基地が稼働し、札幌市や周辺都市へ都市ガスをパイプラインで
直接供給しており、さらに2019年2月には北海道電力(株)のLNG火力発電所が営業運転を開始する
予定となっています。また風力発電施設の建設が順次進んでいるほか、日本初の大規模洋上風力
発電施設、太陽光、水素、バイオマス発電など多岐に渡るエネルギー関連事業が計画されており、
北海道のエネルギーを支える重要拠点としても大きな役割を担っていくことが期待されてい
ます。