地域内インフラ

屈指のインフラ・利便性と
充実した立地環境

石狩湾新港地域は、国、北海道、小樽市、石狩市、当社などが一体となり推進しているプロジェクトで、それぞれの事業主体が産業インフラを整備して
います。
上水道・工業用水道・公共下水道、さらには高圧電力、高速通信などが供給可能で、都市ガス(天然ガス)も一部の地区で利用が可能で、産業廃棄物は
当地域内で処理できる体制が整っており、全国でも屈指の産業インフラが整備されています。
また開発地域の1/3が公園や緑地として整備されており、すでにコンビニエンスストアやスポーツ施設などの各種サービス施設も立地していることから
利便性の高い、良好な就労環境にあります。

緑豊かな就業環境

新港地域の全体面積約3,000haのうち、1/3の約910haが緑地や公園と
なっており、地域全体が緑に囲まれた安らぎの空間です。
また、地域内には野球場やテニスコートが整備されたスポーツ公園のほか、
築山や芝生でゆったりとした公園があり、一般市民の憩いの場としても
親しまれています。

青葉公園(新港南3丁目)

道路

地域内には、幅員30~55mの都市計画道路と幅員12~25mの区画道路が
縦横に計画され、既に約80%が整備済です。
また、札幌中心部に直結する国道231号と道道新川通が共に6車線で整備済
です。さらに、新千歳空港に直結する道央圏連絡道路(国道337号)が、地域
高規格道路として計画され、新港地域側は既に開通しています。

小樽石狩線(道道225号)

充実した基盤整備

上水道・下水道、工業用水道が利用でき、高圧電力が利用可能な他、都市
ガスの整備も進んでいます。
さらに、光ファイバーのサービス供給地域となっており、快適な通信環境が
実現できます。また、大型車、トレーラー車がゆったりと通行可能な幅員を
有する都市計画道路、区画道路が縦横に整備されています。
さらに、産業廃棄物は、すべて地域内処理できる体制が整っています。

石狩湾浄化センター

<下水道>

北海道空知総合振興局 札幌開発管理部 総合案内窓口
TEL:011-561-0201

<工業用水道>

北海道企業局工業用水道課
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kg/kgs/about-ishikari.htm

詳細はお問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら